トップページ > 不正請求の手口のパターン

1、まず、以下のリンクをクリックしていただき。不正請求Q&Aフローチャートを試していただき、不正請求であるかどうかをご確認ください。

不正請求判別テスト

2、もし、不正請求であった場合、以下のリンクを右クリックしていただき、プルダウンメニューから「対象ファイルを保存」を選んでダウロードしてください。

所定用紙ダウンロードボタン

3、所定用紙をダウンロードしていただきましたら、書き方の説明がございますので、それを御参考の上で必要事項をご記入ください。


4、ご記入いただけましたら、以下の住所までお送りください。


郵便番号113-0033
東京都文京区本郷3−34−3本郷第一ビル5階
一般社団法人 医療費を守る会


5、お受け取り後、当社団で確認させていただき、不正請求と認められるものに関しては通告の方法をご指導させて頂きます。監督官庁である厚生局に報告して頂いた方には協力謝礼金として1万円を振り込ませていただきます。 (厚生労働省に通告後、不正が指摘された場合、医療機関から修正分を返金される場合があります。)

6、厚生局から返事が来た場合、当社団にその返答の結果をご提供ください。


 

 

 

ページトップへ戻る